アダラートとは副作用の少ない高血圧を治療する目的主に使用される医薬品です。効果が出るのが早いので人気があります。高血圧の治療薬を初めて使うという方にわかりやすくご紹介していきたいと思います。

グレーのカプセルと瓶

アダラートは有効成分をニフェジピンとした降圧剤のひとつで、カルシウム拮抗薬に分類されその作用から高血圧や狭心症の治療に用いられます。
体内のカルシウムは骨の成分として有名ですが、血管とも密接な関係があり、血管平滑筋の細胞にカルシウムが流入することで血管を縮めて血液の循環を停滞させます。
血液の流れが悪くなると、無理に押し流そうとして心臓が強く働くために圧がかかり高血圧になってしまいます。
そこでニフェジピンを投与すると、カルシウムが流入するために必要な通り道を塞ぐため、血管平滑筋にまで到達せずに血管の収縮が行われないようになり、さらに拡張されることで血液の流れが良くなります。
この作用は末梢血管だけでなく心臓の血管にまで影響するため、高血圧と共に狭心症の治療にも有効とされます。

アダラートはCR錠、L錠、カプセルの3種類が存在し、それぞれに容量の異なる規格が用意されています。
ニフェジピンは血中濃度のピークが2回現れる特徴的な濃度曲線を有しており、CR錠は24時間、L錠は12時間で効果が持続するようになっており、使用方法によって1日1回か1日2回の服用となります。
適応症は高血圧症、狭心症ですが、厳密には腎実質性高血圧症、腎血管性高血圧症、異型狭心症となっています。
症状によって服用回数や容量を変更するため、アダラートの種類の豊富さは非常に便利です。
重大な副作用は報告されていませんが、歯肉が腫れたり手足のむくみが現れることが多く、アダラートは肝臓で代謝されるのですが、グレープフルーツなどの柑橘系のジュースと一緒に飲むと血中濃度が上昇して急激な血圧低下を招くおそれがあるため、使用には十分に注意しなくてはいけません。

最近の投稿
    アーカイブ
      サイト内検索
      人気記事一覧