アダラートとは副作用の少ない高血圧を治療する目的主に使用される医薬品です。効果が出るのが早いので人気があります。高血圧の治療薬を初めて使うという方にわかりやすくご紹介していきたいと思います。

  • ホーム
  • アダラートの副作用は少ない?

アダラートの副作用は少ない?

多様な薬

アダラートはカルシウムイオンが細胞の中に入ることを抑制し血管が収縮する原因を取り除くと言う効果があるお薬です。
アダラートは比較的安全なお薬のひとつで、年齢にかかわらずに用いることができますし血統や尿酸、脂質などへの悪影響がありません。
そのため合併症の多い高齢者などにも用いることができることから、高血圧の治療薬として処方されることが多いお薬でもあります。

アダラートは心臓や血管が収縮する原因であるカルシウムイオンを抑制することによって、脳血管を拡張して血圧を下げる効果がありますが、このカルシウムイオンとはカルシウムが電気を帯びることでイオン化するもののことで私たちの体の血管の壁の中にある血管平滑筋と呼ばれる筋肉にカルシウムイオンが入ってしまうと筋肉が収縮してしまいます。
それをアダラートを用いることで、筋肉を緩ませ血管を収縮させないようにでき血圧を下げることができるのです。

アダラートは比較的安全なお薬で副作用は少ないとされてはいますが、個人差があるため副作用が起こることもあります。
基本的に心臓の問題がある人や透析を行っている人、腎臓や肝臓に問題があると言う人の場合や妊婦の場合には注意が必要になります。
降圧剤や利尿剤を利用していると言う場合には血圧が下がりすぎてしまうことがあるため処方の際には医師に相談することが大切です。
アダラートの主な副作用としてはめまいや動機、胸の痛み、発疹、貧血、呼吸困難、かゆみ、発熱、全身の倦怠感、立ちくらみなどがあげられます。
また判断力の低下や意識がもうろうとする、皮膚に赤みが出る、白目が黄色くなる、食欲が減退すると言うこともあります。
服用後にそれらの症状が現れた場合には早めに医師に相談することが大切です。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索
    人気記事一覧
    • 1
      多様な薬
      アダラートの副作用は少ない? 2018年11月27日 6 Views